2016年03月20日

'16 F1-S1 開幕〜オーストラリアQF

今年もまさかのF1始まりになってしまった、ナスキューブログですあせあせ(飛び散る汗)
本当はNASCAR始まりで、既にNASCAR記事が1個上がっていて、更にはF1開幕直前記事もアップグッド(上向き矢印)している予定だったんですが…。
今年もこんな感じの、ゆる〜〜〜いブログになりそうです。


繰り返しになりますが、本来はブログを更新するタイミングでは無いんですよねぇ。
せめて、開幕戦が終わってからアップするのが筋なんですが。
(アップする頃には、開幕戦終わってますけどね)
いやぁ、あまりにも突っ込みどころが満載かわいい過ぎて。

まず取り上げたかったのは、「F1無料放送終了問題」です。
「F1が日本で放送されなくなるかもしれない問題」については、ナスキューも重々承知しております。
知らないは※へ。
ですから、「日本でF1が見られることに感謝ぴかぴか(新しい)」すべきなのも分かってはいるのです。
ただ。。。
「お金を払ってでもF1を見たいexclamationと思う視聴者がどれだけいるか?と言う事です。。。
「有料でも見たいと思えるほど、今のF1が面白いか?」と言うと、個人的にはNOです。
正直、今のナスキューがF1を見る理由は「キミのF1人生を見届けたい」と言う事だけですから。
何十年もF1を見続けてきた、大ベテランの年配のF1ファンの知人にも「有料放送になるらしいよ」と教えると「じゃ、見ない」と即答されてしまいましたたらーっ(汗)
環境や家庭の事情で見られなくなるコアなファン、今まで「無料だから何となく見てた」「時々見てた」と言う様なライトファンが確実に居なくなる上に、「興味が有るから、ちょっと見てみようかな?」「たまたまつけたらやっていて、面白かった」と言う、新たなファンを獲得出来なくなる事も明らかひらめきです。
有料化することで確実な財源を獲得できるのかもしれませんが、このままでは視聴者が減る一方バッド(下向き矢印)で、本末転倒になりかねないと思うんですよね、ナスキューは。とにかく露出しないと!!
来年、マクラーレン・ホンダに日本人ドライバーが乗って大活躍るんるんをすれば、日本のF1人気回復グッド(上向き矢印)に繋がるでしょうか?<その時は、フジテレビさん、是非地上波で派手に放映して下さいね。

次に「F1、ややこし過ぎるだろ問題」
コアなファンしか見ない状況になったので、複雑なレギュレーションも受け入れられるのかもしれませんが。
ナスキュー的には、やっぱりNGですね。
見た目目に分かりやすく、単純な方がいいです。
F1が浸透されにくいのは、難し過ぎることもひとつの問題だと思うのです。
難しいレギュレーションをいちいち解説していたのでは、コアなファンはうざったいですし、かといって解説しなければ新たなファンが付いてこられませんあせあせ(飛び散る汗)…まぁ、今の日本では新たなファンなんて期待できませんが(毒)
ちなみにナスキュー、今季のタイヤ選択のレギュレーション、しばらく消化できそうにないですあせあせ(飛び散る汗)

最後に。
「オーストラリアQF問題」です。
新予選方式が採用された、オーストラリアQF。
Q1の初めこそ「ナカナカ面白いかわいいんじゃないか?」と思ったものの、Q2で出走のタイミングが合わず諦めるドライバーが出始めると、「ちょっと、どうなんだexclamation&question」と思い始め、Q3の散々な結果には「コレは無いなたらーっ(汗)」ってなりましたね。
セッション終了前に結果が出るとか、ワケがワカラナイ。
せめてQ3だけでも仕様変更すべきでは?
と思っていたら、何と、決勝始まる前には「新予選方式、廃止」が決定したとか。
「やってみなければわからない」部分は有ったのかもしれないけど、とんだ茶番になりましたね。
だけど、それ以上に(?)
実はナスキュー、気になったことが有りまして。
川井ちゃんと右京さんの水と油っぷりに、失笑しちゃいました。。。
実況の小穴さんの胸中、お察しします〜〜〜。

あと、有料放送で解説任されてるんだったら、レギュレーションくらいしっかり頭に入れて貰いたいですけどね、せめて視聴者に「いやいや、ちゃうやん」と突っ込まれない程度にはね。

※ 数十億と言われるF1放映権を購入し、放送するには、並みのスポンサーでは足りません。
  しかも、このF1低迷期に深夜枠で視聴率が望めないF1にスポンサーなんてナカナカ付きません。
  なので、放送局はF1放映権を購入するだけで相当な大赤字となる為、手が出ないのです。

ラベル:F1
posted by nas9 at 16:08| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック