2015年07月19日

'15 COURSEOUT -哀悼-

7月18日15時過ぎに、私は知人を介してこの悲報を知りました。

昨年10月5日鈴鹿で開催されたF1日本グランプリにおいて起こった不幸な事故により、重傷を負い、意識不明の状態だったジュール・ビアンキが、帰らぬ人となってしまいました。

若くて将来有望とされていただけでなく、誰からも愛される素晴らしい選手だったそうです。

F1で死亡事故が起こったのは、アイルトン・セナ以来とされていますし、私自身が現地観戦していたレースでも初めてのことです。
現地観戦していたと言うだけでなく、レース前の木曜日にはサインも貰っていました。
それだけに、「いつか必ず戻ってきて欲しい」と強く願っていたのです。

長く辛い戦いを終えたジュールの健闘をたたえるとともに、ご冥福をお祈りします。

2014 Jules Bianchi.JPG

2014 Jules Bianchi 02.JPG
ラベル:F1
posted by nas9 at 06:55| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック