2015年04月16日

'15-03 中国 -F1-

F1も既に戦目。
中国GPは2004年に始まったのですね。
ナスキュー、2005年とか2006年辺りだと勝手に思い込んでたので、ちょっとびっくりでした。
人間の記憶なんて、当てになりませんねぇあせあせ(飛び散る汗)
前戦終了時から、フェラーリはここで優勝するのは難しい、と言われていましたが。。。


もう、予選からメルセデスの圧勝でしたね。
Q1の時点でこのレースの勝者を確信したのはナスキューだけでは無かったはずです。
メルセデスのミディアムに、ソフトでしか太刀打ちできない他チームたらーっ(汗)
もう、異次元でしたね。
Q2でソフトを投入したメルセデスには、誰一人足元にも及ばなかったと言って過言ではないと思いますあせあせ(飛び散る汗)
既に「3位決定戦」化してしまったQ3
ラストアタックで、キミのオンボードが映った瞬間「あかんやん。。。」って言っちゃいました。
案の定、キミは3番グリッド獲得どころか6番手に低迷ほんまに、あかんやん。。。

しかし、このサイアクの予選結果による(ウィリー2台の後ろと言う)困難な状況は、スタートから僅か数コーナーで解消されました
あっという間にウィリアムズの2台を抜き去ったキミ。いやぁ、本当に華麗なドライビングぴかぴか(新しい)でしたね。
ただ、キミが安心してあのラインに飛び込んでいけたのは、相手が(信頼できる)ボッタスだったからだとは思いましたが。
そして、キミのハイライトはここで終わってしまいますたらーっ(汗)
この後、トップ6はほぼ画面から消えてしまいましたし、ナスキューでさえ、さして興味が有りませんでしたから(ランニングオーダーで様子がわかりましたので)

レース序盤は完全にチームごとに並んでいて「なんだかなー」と思っていましたが、ナスキュー的には、このレースは意外と楽しめましたかわいい
今回、ナスキューの目目に留まったのは、マルドナド。
スピン台風してポジション落としてバッド(下向き矢印)はオーバーテイクで挽回グッド(上向き矢印)する、そんなマルドナドに釘付けでした。
終盤でのジェンスとのバトルも見応えが有りましたね
いつの間にか応援していたので、ジェンスに追突どんっ(衝撃)された時には凄く残念でした。
最終的にブレーキトラブルでリタイアとなったマルドナド。
追突したジェンスは「判断を誤った」と認め、5秒加算のペナルティ。
一方、追突されたマルドナドは「バトルなんだから、こんなことも有るよ」「ジェンスとのバトルはフェアで凄く楽しかった」と気にする様子も無くて、更に好感度アップしちゃいました

ラストティントでは、ベッテルよりもキミのペースがカナリ良く、52周目には1.6秒まで詰めていました。
DRSゾーンに届くかどうか?
って言う、この上無いようなタイミングでSCとなり、まさかのSCチェッカーモータースポーツに。
まさに「これから」ってとこだったのに
例え順位が変わらなかったとしても、キミとベッテルのバトルが見たかったです。。。

しかし。
マシンの撤去に悪戦苦闘して、あちこちぶつけるオフィシャルは、マズイと思いますよー。
マノーだったら死活問題ですから。。。
posted by nas9 at 14:00| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック