2014年04月04日

'14-01 DAYTONA 500 -NASCAR-

そんなわけで。
「ナスキュー的に面白くなかったレース第2段」、DAYTONA500ですあせあせ(飛び散る汗)
何が面白くないって、事前に結果知っちゃった事でしょう。。。
実はナスキュー、色々有りまして、「再放送」を中々見ることが出来なかったんですたらーっ(汗)
その間に、「どうやら勝者はこのひとらしい」と言う情報がうっすら流れてきていて。
「なら、あまり見たくないなぁたらーっ(汗)」と思い、観戦を延ばし延ばししているうちに、予想外の友人からDAYTONA勝者の名前をハッキリ書かれたお手紙を頂いてしまいました。。。
友人も、まさかナスキューがまだDAYTONA観戦終えてないなんて、夢にも思っていなかったのでしょう。。。えぇ、誰も悪くないんですが、ナスキュー、完全に見る気を失ってしまいました
正直、ナスキュー、この人が勝つレースに、あまり良い記憶が無いからですたらーっ(汗)
そして、案の定、ナスキュー的には全く面白くないレースとなってしまったので、次のレースを見る気にも、記事を書く気にもなれず、気が付けば4月に。。。<3月、忙しかったしねー。


とりあえず、この記事書かなきゃ、進まないので。
恐らく、まともに書くとしか出てきそうにないので、さらっと書いちゃいましょう。

生放送をご覧になられた方は、大変お疲れ様でした
レースが放送枠におさまらない、残念な結果になってしまいましたね。
レース前や中断中に色々な情報を知る事が出来るのも、生放送の醍醐味では有りますが、それにしても、中断、長すぎましたあせあせ(飛び散る汗)
無駄にややこしい予選を制したのは、注目目のルーキー、伝説のカーナンバー#3 を継承した、オースティン・ディロンでした。
フロントローに並ぶはずだった#78 マーティン・トゥレックスJr.は、リアスタートたらーっ(汗)
繰り上がってグッド(上向き矢印)フロントローに並んだのは#20 マット・ケンゼスでした。
#5 ケーシー・ケインは5番グリッド(ただし、繰り上がってセカンドロースタートです)
現地のドライバー紹介で「昨年2位が7回」ってアナウンスされてました。。。副音声でチェック
雨で中断されるまでは、UNLIMITEDを完全支配した#11 デニー・ハムリンの快進撃を予想してたのですが。<#18 カイルや#5 ケインも好調そうでしたね。

6時間21分もの中断は、少なからずレースに影響したように思えます。
すっかり暗くなって、ナイトレース夜でしたもんねぇ、実質。

この後、結果を知っているナスキューは、上位勢の争いなんて全く興味ありませんでした。
そして懸念していた通り、ケインにとっては散々なレースとなってしまいました
L73辺り。アンダーグリーンでルーティンピットに入ったケインは、珍しくクルーを轢きかけてしまいましたあせあせ(飛び散る汗)<特にフューチャーされなかったんですが
それで動揺したのか、このピットレーンを出たあたりでスピン台風
「素人かっむかっ(怒り)って、即、叫んでましたよ、ナスキューは。
確かに天野さんの仰るようにまだ路面が乾き切っていなかったのかもしれませんが、皆同じ条件ですから!!そこでスピンしたの、ケインだけですから!!!<なぜか、妙に許せない。。。
ただ、この時のスピンがケインのレースを台無しにしたのでは無かった事も事実でした。
何故なら、理由は違ったものの、同じようにポジション落として、似たような位置で頑張っていたカイルが終盤上位争い出来ていたからです。
この日のケインには、集団の中で遜色なく走れるだけの速さは有りましたし。
ただ。。。不運すぎました。どこまでもアクシデントどんっ(衝撃)に巻き込まれ続けて、31位フィニッシュと言う、開幕早々厳しい状況です。マルチクラッシュのきっかけを作った張本人達は、ケインより前でフィニッシュしてるあたりが、余計にナスキューの気分を逆なでますパンチ
ヘンドリック勢は好調でしたねるんるんケイン以外は。トップ5に3台入りました。
ハムリンも2位チェッカーモータースポーツやはり速かったですね。

デイル・アーンハートJr.の、開幕戦優勝に、現地観戦されていた福山さんもさぞお喜びになられたことと思いますかわいい

そんなナスキューが、この開幕戦で最も感激したのは、最新型のジェットドライヤーぴかぴか(新しい)でしたexclamation×2
いや、NASCARのジェットドライヤー、進化しすぎでしょ。
素晴らし過ぎます


ラベル:NASCAR
posted by nas9 at 03:22| 大阪 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こちらもこんにちわ
生でデイトナ500ちゃんと見れた年って何年ありましたっけ?というくらい今年も雨が降りました。流石に途中で録画して寝ました。最近は生放送時解説が一人しかいないので、今回の天野さんも相当大変だったかと思います。

それと確かに最新型のジェットドライヤーお金かかってそうでしたね。ただもういっその事NASCARマシンのフロントバンパー下あたりに雨用ジェットドライヤーを付けて雨でも走れるように考えてはどうかと思いました。
Posted by おやじと会長 at 2014年04月12日 03:01

おやじと会長さん、こちらもコメントありがとうございます。

G+さんの生放送は、呪われてるのかと思うくらい、放送枠に入りきらない確率が高く感じます。。。天野さんも大変だったと思いますが、現地の福山さんも大変だったでしょうね。。。

ジェットドライヤーに関しては、わずか数年で2回もモデルチェンジしてるのが、衝撃的でした。
特に今回は「路面の水を吸い上げる」なんて画期的な機能が付いてましたし。乾燥時間も大幅短縮されそうですよね。
NASCARマシンの下にジェットドライヤーとは、更に画期的ですが。。。クラッシュしたらリペアに時間掛りそうですね。
ここはNASCARらしく、アナログで、「レッド明けのコーションラップは、全車モップ下げて走る」ってのはいかがでしょう??(笑)
Posted by nas9 at 2014年04月13日 06:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック