2009年05月09日

'09 SUPER GT観戦記 -Rd2 鈴鹿-

ナスキュー、人生ぴかぴか(新しい)のGT観戦です。
現地どころか、TVTVでさえ観戦したことが無いGTを見に、鈴鹿に行ってきました車(セダン)
ハイ、殆ど予備知識もないまま。
まぁ、問題ないでしょう。FNを初めて見たのも全く同じ状況でしたからあせあせ(飛び散る汗)

今回のGT観戦に至った経緯は、実に単純なものでして。
「今年から、井出有治がFNに乗れないあせあせ(飛び散る汗)」>「井出有治が参戦しているGTが、ナスキューの家では見ることができないたらーっ(汗)」>「だけど、井出有治のレースが見たいexclamation×2
えぇ、それだけの理由で鈴鹿まで行ってきた次第ですたらーっ(汗)<ちょうど、上司が行くって言ってたので便乗させてもらいました。

そんなわけで、井出有治の乗るクルマの色カーナンバーだけをたたき込み、超ハードスケジュールを強行することになりました。

新生鈴鹿のオープニングイベントかわいいであり、二輪レースJSB1000との合同イベントということで、結構な人出でした。
新生鈴鹿は…それはもう、びっくりするくらいの大改修でした。
観戦席や通路、ピットビルも物凄く綺麗ぴかぴか(新しい)になってました。

JSB1000のスタートをメインスタンドの脇から見て、S字に移動。
そこで観戦することにしました。
二輪は面白いですよねるんるんやっぱり。
ナスキュー、元々二輪に興味があったんです。…ハマりすぎるのを恐れて四輪で妥協してたんですがたらーっ(汗)<四輪でさえこれじゃぁ、意味無いですよね…。
ただ、二輪を見始めるとキリがなくなっちゃうので、今回もハマらない程度に見てました。
レースは…大きな混乱もなく、PPのドライバーがぶっちぎりで優勝モータースポーツしちゃいましたけど。
目の前でウィリー&バーンアウト、更にはオフィシャルから旗を受け取って、そこから旗を持ったウィニングランを披露してくれましたかわいい

GTは、見るもの全てが新鮮で、すっごく面白かったでするんるん
自由席であるS字にいましたので、当然、メインストレートの様子はわかりませんし、サーキットビジョンも有りませんからレースの詳細を知ることもできませんが、それでも十分楽しめちゃいましたかわいい
プログラムさえ買わなかったので、ドライバーのラインナップも全然知らずたらーっ(汗)
レース前のドライバー紹介を聞きながら、聞き覚えのあるドライバーの多さに驚いちゃいました目
FN乗ってる(or乗ってた)ドライバーが多いのは知ってましたが、こんなに多いなんて。
…もちろん、覚えきれるわけもなく、結局はGT500の100号車1本に集中することにしました。
幸い、サーキットの放送で「今、誰が走っているか」程度の情報は得られました。
レースは結局、大きな混乱もなく、上位勢の目立ったポジションチェンジもなく。
イデは7周目にメインストレートエンドでポジションを上げグッド(上向き矢印)ドライバーチェンジまでにさらにポジションを上げてグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)5位でホソカワにマシンを引き継ぎました。
その後ホソカワは、ふたつポジションを失いバッド(下向き矢印)ますが、自力で5位まで挽回しますかわいい
ピットインを引っ張った 3号車が、100号車の後ろでコースに戻った時には、トップ5フィニッシュを確信したんですが…。
終盤、ホソカワは38号車のイザワに煽られます。
えぇ、ナスキュー、イザワは支持してますよ。応援します。
だけど、100号車だけは抜いちゃだめですから!!<最近、この台詞が多いな、我ながら
そんな中、ぶっちぎっていた1号車が、トラブル抱えた模様で、地味にスローダウンバッド(下向き矢印)始めました。
2番手を走っていたタチカワ、更には3番手を走っていたワキサカに次々クリアされちゃいますあせあせ(飛び散る汗)
タチカワも、ワキサカのチームメイトのロッテラーもNGパンチなナスキューは、どうしてもモトヤマ&トレルイエの1号車に優勝ぴかぴか(新しい)してもらいたかっただけに、ものすごく残念で。
だけど、こうなってしまったからには、1号車が落ちてくるのは時間の問題ですし、ホソカワに頑張って1台クリアしてもらって、3位フィニッシュを期待するしかなさそうな展開です。
そんなこと考えてる、ナスキューの目の前(ちょっと遠かったけど)で、ホソカワがGT300のマシンにおかまを掘ってるじゃないですか…。
「何やっとんねん、ホソカワ〜〜〜exclamation×2って、思わず叫んじゃいました…たらーっ(汗)
(エンジン音で、周りには聞こえなかったはず…)
「…こうなれば、イザワに頑張って貰うしかない」と、気持を切り替えた矢先にSCが出動。
「何があったんだ?」と、不穏な空気の観戦席。
放送席も混乱しているようで、何が有ったのか理解できていない様子。
「何があったのかはわかりませんが、イザワは無事、マシンから降りた模様です!」
…聞いた時は、唖然としちゃいました。
ってゆーか、それ以上の情報、ナスキューには要りませんでした…たらーっ(汗)
イザワがクラッシュどんっ(衝撃)し、SC出た以上、レース結果に希望は持てませんし、イザワ本人が無事なら、もういいです…。
そんなわけで、ナスキューの喜べないトップ2となりましたが、それを差っぴいても、GT、面白かったですかわいい
2005年以来、4年ぶりのイデの生レースが見れただけでも、十分嬉しかったですからハートたち(複数ハート)

注意:この記事は、GTの知識が殆どないナスキューが、見たままの記憶を基に、感覚的に書いているものです。
レース中はサーキットの放送も半分以上聞き取れませんでしたので、事実と異なる内容も多々含まれていると思われますが、ご了承ください。
posted by nas9 at 03:00| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 こんにちわ。新生鈴鹿はTVでレースを見る限り「何処が変わったの?」というくらい変化が無かったのですが、現地に行かれる観客の方にとっては大改修だったのですね。
 ナスキュー様は過去スーパーGTを見てなかったそうですが、これを機にFポンから浮気してはどうでしょうか。地上波のF1が我慢出来るならテレ東系の激走GTもきっと大丈夫ですし、ケーブルを引いているならBS日テレという穴場もあります。
Posted by おやじと会長 at 2009年05月16日 19:45

おやじと会長さん、コメントありがとうございます。

TVでは、なかなかわからないと思いますが、実際凄いですよ。
ナスキューが連れて行っていただいた、鈴鹿大ベテランの上司も、帰ってからもなお絶賛してました。
変わったのは主に、ピットビルや観戦席、通路などです。
コース自体は、再舗装されてたようなことを、有治が自身のサイトで書いてはりました。

ケーブルを引いているので、お金さえ払えばいくらでも見れるのは確かなのですが、それをしちゃうと、無限に選択肢が増えてしまって、消化できなくなるので、自主規制してるんです…。
F1もフリー走行から全部見ちゃうだろうし、そうしたら、ただでさえ遅れまくってるNASCARが、偉いことになってしまいます。
昨年ですら、FNは1.3倍速で消化してたんですよね、実は。
昨年まではGTもFNも全戦放送してたようですが、今年は放送有ったり無かったりみたいです。
ナスキューも、余裕があれば見ようと思ってます。…記事までは書けないかも、ですが。
この、鈴鹿も実は録画済みで、気になるシーンだけチェックしましたが。
やはり、ナスキューの視点と放送が全く異なってるので、別のレースみたいに感じました。
でも、ナスキューの記事には、タチカワとワキサカのバトルの裏で起こった、現地でしか知りえないアクシデントがハッキリ記されてますね(笑)
Posted by nas9 at 2009年05月17日 05:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/118949618
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

SUPER GT第3戦 マシン紹介 GT500編・・・の巻
Excerpt: 今回の富士スピードウェイでは今までできなかった全車種撮影を目標に撮りまくり・・・ その結果が膨大な撮影枚数へとなったわけです 過去のレースよりちょっとはまともに撮れた気がします^^ まずはG..
Weblog: 栴檀は双葉より芳し 
Tracked: 2009-05-21 23:16